絵解きの友

えとき・の・とも
etoki no tomo
http://etokinotomo.com



絵解き関連商品等のご紹介サイトです。

絵解き関連商品
DVD商品

国宝 六道繪(りくどうえ)絵解き 「往生要集」
近江の国(滋賀県)坂本、聖衆来迎寺には国宝六道繪が所蔵されている。言うまでもなく恵心僧都源信が往生要集の世界を具現化したものである。その画像は極めて密にして細、克明にして大胆。仏教絵画史上特異な位置を占める秀逸な作品である。ここまでのものを必要としていた当時の時代の緊張感を偲ぶのに充分である。しかし、これはただ鑑賞のために用意されたのもではもちろんない。この現存する十五幅は仏教によりひとびとを救うという使命感に満ちたものである。それは本来絵解きという手法によったと考えられる。
今般、見つけ出された台本をもとに当時の絵解きの様子を再現しようと試みた。昨今の世相は人間にとって危機的な状況があり、何が善で何が悪か、罪と罰について明瞭に答える事を避けているようにも見える。時に法然上人、親鸞聖人の大遠忌をひかえ、この明快なる絵解きの構成が現代人にとっても深い意味を喚起しないか。ここに江湖のご判断を仰ぐ次第である。

地獄の風景ー熊野観心十界曼荼羅を絵解きするー
「熊野観心(かんしん)十界図」より 絵の上半分の半円弧には人が生まれてから死ぬまでの姿が、その下には地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人・天・声聞・緑覚・菩薩・仏の「十界」が描かれている
「熊野観心十界図」は、熊野比丘尼とよばれる女性宗教者が、絵をもちいて民衆にわかりやすく仏教の思想を教える「絵解き」に用いられたものとされている。そこには地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人・天・声聞・緑覚・菩薩・仏の「十界」が描かれている。
 NHK市民大学で好評を博した、現代「絵解き」の第一人者が、放送で不足した部分をさらに拡大充実させて完全版として新写した野心作。日本人の地獄思想を読み、信仰への導きの糸となる決定版、遂に完成。

當麻曼荼羅絵解き
よみがえる中将姫の願い 當麻寺の本尊『當麻曼陀羅』は天平宝字7(763)年に藤原豊成公の娘、中将姫によって「綴織」の手法で織り上げられたと伝えられている。
この曼陀羅は密教のものと異なり、それ自体が経典の解説となっており、分りやすく人々を教化している事から、浄土信仰の深まりとともに人々のより処となり、「絵解き説法会」が行われるなど、広く親しまれるようになった。『當麻曼陀羅』は大きく五つに分かれ、これらは『浄土三部経』の「観無量寿経」の世界を構成している。
絵解きはまず左端の阿闍世王の物語から始まり、右端の観想によって極楽浄土を観る方法、さらに阿弥陀如来の慈悲が衆生に受けとられる有様を説き、誰も分らない死後の世界を示しながら、阿弥陀様に帰依することを教えている。
『當麻曼陀羅絵解』はまさしく中将姫の願った「多くの人々に仏の救いを」する為のアプローチなのである。

絵解き台本集 新装版DVD2枚付
★多種多様で貴重な台本を一書に取り纏め、明治大学教授・林雅彦氏の巻頭論文を掲載。絵解きフェスティバルの口演台本集DVD2枚付!
絵解きフェスティバルの口演台本集!DVD2枚付き
多種多様で貴重な台本を一書に取り纏め、絵解き研究の第一線を邁進して来られた明治大学教授・林雅彦氏の巻頭論文を掲載。また、台本それぞれに解説があり、思想的基盤やその背景を理解することで、絵解き口演の更なる魅力を感得する。2014年9月6日長野市善光寺大本願名照殿で行われた絵解きフェスティバル当日の口演を収録したDVD2枚附録!
「平凡の友」「平凡の友社」におまかせください。

親鸞聖人四幅御絵伝御絵解き
従来、報恩講には御絵伝がかけられ、宗祖親鸞聖人の御恩を偲んでいた。その御絵伝は本願寺三代目、覚如上人の制作になり、四幅の掛軸で構成されている。
親鸞聖人の一生を辿りつつ、当流の安心を示す、一代記を沙加戸弘が朗々と語り、絵解きする。

御絵解 親鸞聖人四幅御絵伝
従来、報恩講には御絵伝がかけられ、宗祖親鸞聖人の御恩を偲んでいた。
その御絵伝は本願寺三代目、覚如上人の制作になり、四幅の掛軸で構成されている。
親鸞聖人の波乱に満ちた一生を辿りつつ、当流の安心を示す一代記。
【前編】初幅・二幅(52分)
【後編】三幅・四幅(56分)
【協力】真宗大谷派 真行寺
    (香川県高松市)
戸次 公正(べっき・こうしょう)
1948年 大阪府泉大津市に生まれる。
1974年 大谷大学大学院修士課程修了。
現在、真宗大谷派 南溟寺住職。
泉州聞思洞を開き、南溟寺寺報『法蔵魂』を発行している。
【著書】
『正信偈のこころ 限りなきいのちの詩』
 (法蔵館)
『阿弥陀経が聞こえてくる―いのちの原風景―』
(法蔵館)

DVD「蓮如上人四幅御絵伝御絵解」
「絵解」は、絵巻物や掛幅になった絵伝などの、一つ一つの絵を、教義を結びつけて解釈し、一木一草に至るまで、仏法のどのような働きを表現するためのものかを同行に伝えるものである。
(沙加戸 弘)
真宗を大きく飛躍させて中興の祖である蓮如上人。
そのご生涯を描いた「蓮如上人絵伝」は、親しく絵解きされることも多く、その絵解きの覚え書きや台本も伝えられている。
それらによれば、話言葉で語られ、描かれた場面にかかわる御文の一節や、蓮如上人の和歌の朗読・朗詠もあり、聴聞の人びとの感動をさそったにちがいない。
蓮如上人のお徳を広く人々に理解させると共に、真宗興隆に大きく役立つDVD!!

絵解きシリーズ@〜D
古来より日本人の人生観や思想形成に多大な影響を与えてきた「絵解き」を、映像で完全体現した好評シリーズです。
@絵解きシリーズ1 釈迦涅槃図 善光寺世尊院釈迦堂蔵
A絵解きシリーズ2 道元禅師御絵伝 松巖寺
B解きシリーズ3 苅萱親子地蔵尊縁起 苅萱道心と石童丸
C絵解きシリーズ4 道成寺縁起
D絵解きシリーズ5 米原寛の絵解き 立山曼荼羅

E絵解きシリーズE白山曼荼羅〜加賀禅定道〜
白馬三馬場のうち、加賀よりの信仰登山ルートである加賀禅定道の参詣案内図、白山曼陀羅の絵解きを収録。古代より加賀における白山信仰の中心、白山比盗_社を起点とし、手取川を遡って尾添に至り、それより尾根に取り付き、白山山頂に達する曼陀羅の風景と描写を対応することによって、かつての絵解き場面を彷彿とさせる。
(絵解きには詳細に復元した複製を使用しています)

絵解きシリーズF聖徳太子御絵伝御絵解
かつて太子信仰の拡がりと共に、聖徳太子絵伝を絵解きすることが盛んに行われました。聖徳太子絵伝の絵解きを伝承されている長谷川慶順師による絵解きの実演を、完全収録!

曼荼羅の世界
「藤野節の軌跡」
釈徹宗(兵庫大学准教授・宗教思想)
曼荼羅、とひと口に言ってもその種類はさまざまです。
密教のみならず、他宗派や神道にも取り入れられ、曼荼羅の表す端的な宇宙観は、日本人の精神のありかたにも深く関わってきました。このDVDでは、日本を代表する密教学者の頼富本宏先生が、曼荼羅についてわかりやすく丁寧に講義しています。
また、両界曼荼羅以外にも、星曼荼羅や当麻曼荼羅、熊の曼荼羅などにも系統だって触れることで、より一層曼荼羅の持つ魅力に触れることができます。

東寺 密教曼荼羅
現存する曼荼羅のなかでももっとも古い彩色曼荼羅の最高傑作です。また、現在も後七日御修法で用いられている元禄本曼荼羅も収録。両曼荼羅のきわめて貴重な映像化が初めて実現しました。

真言密教の学山と桃山文化 智積院
総本山智積院を軸に、関東三大本山である川崎大師平間寺、成田山新勝寺、尾山薬王院から、智積院の本寺であった新義真言宗総本山の根来寺の歴史、美術、そして教化活動を初めて撮りおろしました。

高野山 弘法大師空海の曼荼羅世
壇上伽藍と奥の院という二大聖域を軸に、1200年にわたり人々の信仰を集めてきた高野山と高野山真言宗の高僧、そして密教美術を映像化することで、ご寺院関係者はもとより、弘法大師空海、そして世界遺産 高野山に関心を抱く多くの方々にその威容を広く紹介し、次世代に継承することが本作品の趣旨です。
「日本の美と心」を再確認する昨今の風潮も汲み取り、映像化にあたってはハイビジョンでの撮影と最新の編集機材により、高野山真言宗の魅力を余すところなく再現するとともに、歴史的事実に基づいた解説ナレーションを入れることで、当時の社会的背景など、時空を超えた世界を実感えきるように工夫を凝らしております

ブッダの生涯とことば インド八大蹟の旅

春画曼陀羅
デジタル画像で、艶やかな色彩、構図、巧繊細緻の筆づかいを再現しました。



子供叱るな来た道だもの
年寄り笑うな行く道だもの
これから通る今日の道
通り直しのできぬ道

妙好人


絵解き関連商品の続きは、こちらをクリック